ナヴィゲーションを読み飛ばす薄型液晶テレビ、OA機器など、日本のハイテクを板金、プレス加工技術で支える八木金属株式会社 プライバシーポリシーサイトマップ
YAGI八木金属株式会社
トップへ戻る
グループ案内

会社概要・沿革・社是
主要設備
製品サンプル
改善事例
海外調達
  上海八木金属有限公司
  香港八木有限公司
所在地・採用情報
お問合せ メールでの問合せはこちらから上海八木へのメールはこちらから 香港八木へのメールはこちらから
八木金属株式会社イメージ

改善事例
価値を高め、創造するエンジニアリングでお客様に高い満足度をご提供します。ここでは弊社が今までに提供してきた改善事例を紹介いたします。
 
 @アルミ押出部品 切削加工からプレス加工へ加工方法変更
 
【当初】

アルミ押出品の加工。穴明及び45°カットをマシニングにて切削加工で行っていた。
   
【改善】

穴明及び45°カットを金型プレス加工にすることにより、生産数量が大幅UP。
 
 Aステンレス製筐体 溶接構造から曲げ絞り構造へ変更
 
【当初】

角度の違う排水部を別パーツで製作し、それを本体にTIG溶接していた。
   
【改善】

別パーツを廃止し本体と一体化形状を提案。絞りを斜め構造として排水性クリア。
 
 B筐体の製品化
 
お客様よりこのような製品を作りたいとのご要望にお応えし、設計から試作を経て、量産化。
 
 C筐体の構造改善
 
溶接の軽減。前面・側面は曲げ加工で、背面を別板でリベット結合。
 
 Dステンレス製の筐体結合方法改善
 
【当初】

板金パーツ接触面をプロジェクション溶接にて結合し筐体にしていた。
   
【改善】

板金パーツ接触面をバーリング、ハゼ折カシメ方式にて結合し筐体にした精密金型により複数のカシメが可能、品質管理がしやすくなり生産性の向上
 
 E角パイプからプレス板金構造変更
 
【当初】

角パイプとプレス板金を溶接するフレーム構造
   
【改善】

角パイプを廃止し、溶接とカシメ接合した板金のみの構造提案
 
 F支柱の構造変更
 
【当初】

分割したパイプを連結し、樹脂カバーで覆い隠す形状となっていた。
   
【改善】

パイプベンダーR150曲げ加工提案。分割形状、樹脂部品の廃止。自在芯金により、パイプ曲げの内側凹みが軽減され採用。
 
 G支柱 接合方法改善
 
【当初】

上記Fの電子黒板用スタンドの90*30 曲げ角パイプを背中合せで人型に合体。
内側と外側から溶接していた。
  ↓
【改善】
支柱 外側の溶接を廃止、リベットカシメ締結案。
外観見映えの向上。溶接は内側のみで外側はリベットカシメにて締結し、強度を確保。
 
(c) Copyright 2005 YAGI KINZOKU CO.,LTD. All rights reserved. BACK TO TOP