ナヴィゲーションを読み飛ばす薄型液晶テレビ、OA機器など、日本のハイテクを板金、プレス加工技術で支える八木金属グループ プライバシーポリシーサイトマップ
YAGI八木金属グループ
トップへ戻る グループ案内採用情報社是お問合せ
グループ案内

八木金属株式会社
上海八木金属有限公司
香港八木有限公司
  グループ案内トップへ
お問合せフォーム メールでの問合せはこちらから上海八木へ直接のお問合せはこちらから 香港八木へ直接のお問合せはこちらから お問合せフォーム
作業風景の写真

Group Info
>>ホーム >>グループ案内 >>八木金属株式会社

会社概要ISO取得会社沿革主要設備特長所在地---
八木金属株式会社イメージ

会社概要

会社名: 八木金属株式会社(YAGI KINZOKU CO.,LTD.)
設 立: 昭和35年11月1日
資本金: 9,500万円
所在地: 本社 〒538-0043 大阪市鶴見区今津南2丁目2−16
電 話: 06-6964-1212(代)
FAX: 06-6964-1311
事業内容: OA機器関係部品、住宅厨房機器関係、理美容椅子関係等の精密加工から組立までの一貫生産
主要生産品: 複写機部品
電子黒板スタンド
釣銭機部品
液晶テレビ部品
厨房流し台部品
理美容椅子用金具
得意先: シャープ株式会社
タカラスタンダード株式会社
タカラベルモント株式会社
リコーインダストリアルソリューションズ株式会社
ハイアールアクア株式会社
藤電機工業株式会社
日邦産業株式会社
守山工業株式会社
仕入先: 北浦鋼鈑株式会社
阪和興業株式会社
明道メタル株式会社
取引銀行: 三菱東京UFJ銀行 門真支店
三井住友銀行 関目支店
関連会社: (海外)
香港八木有限公司
上海八木金属有限公司


ISO取得

当社は自己に満足する事なく、第3者機関による国際的な保証をいただき、日々企業活動を行ってきております。

ISO-9001(品質国際認証)
1997年 9月 認証取得・登録 JQA-1872
ISO9001マネジメントシステム登録証ISO9001付属書
 
 
ISO-14001(環境国際認証)
2000年12月 認証取得・登録 JQA-EM1214

SONY グリーンパートナー環境品質認定証
2010年5月 
ISO14001マネジメントシステム登録証ISO14001付属書ISO14001付属書


会社沿革

1956.06 東大阪市にて、八木金属製作所創業
1960.11 法人組織に改組
  資本金100万円にて八木金属株式会社設立
1964.07 工場拡張、プレス機械増設
1969.05 資本金400万円に増資
1969.10 工場拡張、機械設備の充実をはかる
1973.04 資本金1,000万円に増資
1974.01 資本金2,900万円に増資
1975.05 資本金4,000万円に増資
1977.05 現在の大阪府大東市新田旭町に工場移転、機械設備の充実をはかる
1980.11 資本金8,000万円に増資
1986.10 工場拡張、機械設備を増強する
1993.07 香港八木有限公司 設立
1995.12 上海八木金属有限公司 設立
1997.09 国際規格ISO-9001認証取得
2000.11 MAGIX MECHATRONICS CO.,LTD. 設立
2000.12 国際規格ISO-14001認証取得
2005.07 蘇州八木金属有限公司 設立
2009.05 大東工場を大阪市鶴見区に本社移転


主要機械
敷地1,789平方メートル(541坪)
事務所棟(2階建)建築面積243平方メートル(74坪)、延べ床面積480平方メートル(145坪)
工場・倉庫(平屋建)建築面積853平方メートル(258坪)、延べ床面積800平方メートル(242坪)

械設備名   機種名   メーカー名   台数
レーザー加工機
FO2412NT アマダ 1
       
150tプレス   NC1-1500   アイダ   1
       
45tプレス NC1-450 アイダ 1
       
パンチングプレス SP-30 アマダ 1
       
3Pブレーキ 3P-50-15 ムラタ 1
       
80tブレーキ RG-80 アマダ 1
       
8tブレーキ CB-83 アマダ 1
       
コンデンサースポット HI-MAX6000 ナショナル 1
       
単相スポット SUH-20 DAIDEN 1
       
Co2溶接機 KRU350 パナソニック 1
       
Tig溶接機 SP 200 ナショナル 1
       
交流アーク溶接機 YK-256AD2 パナソニック 1
       
オリオン溶接機 100C シーフォース 1
       
溶接ロボット FD-V6 ダイヘン 1
       
コーナーシャー CSW-220 アマダ 1
       
コンタマシーン VA-500 VA-550 アマダ 1
       
バリ取り機 KDB-600 アマダ 1
       
精密自動タップ機 BT1-215 ブラザー 1
       
多軸タップ機機 01C550U 東洋精機 1
       
ハイスピンカシメ機 US-66 吉川鐵工 2
       
直立ボール盤 YD2-54 吉田 1
       
直立ボール盤 KUD-60 紀和鉄工所 1
       
ベッド型NCフライス盤 らくらくミル3V OKK 1
       
旋盤 LEG-19 ワシノ機械 1
       
ラジアルボール盤 RE-1250A 大矢製作所 1
       
精密平面研削盤 MSG-250HMD 三井ハイテック 1
       
 

レーザー加工機(AMADA)   3Pブレーキプレス(MURATA)   150tプレス(AIDA)
 
ラジアルボール盤(OOYA)   直立ボール盤(KIWA)   タップ機(BROTHER)
 
ハイスピンカシメ機(吉川鐵工)   単相スポット(DAIDEN)   CO2溶接機(パナソニック)
 
ヘッド型NCフライス盤(OKK)   溶接ロボット(DAIHEN)
  
 
所在地

特長 [1] 箱もの溶接
様々な種類 多分野にわたる 箱ものづくりの経験があります。
用途・特性に応じた材質及び板厚にてCO2溶接/TIG溶接/精密アーク溶接を選択し、お客様の要望にお応えしています。
医療関係筐体 年間:100台
SUS304-t0.8 の溶接構造体 繋ぎ目をパテ埋めし塗装仕上げ
 
@簡易積層型による外周輪郭絞り加工
 スペーサカシメ加工
  A側面パネルのコの字曲げ加工(コーナーR20)
 
B精密アーク連続溶接
 溶かし量は0.2〜0.3程度
  C繋げて枠にした部品に天板を被せて
 内側から溶接。

食品関係筐体 年間:300台
SPCC-t1.6 の溶接構造体。電着塗装+メタリックシルバー塗装。
上筐体と下筐体は別パーツで、真ん中に樹脂部品があり。
 
@カール曲げ加工
 上部で先端ハナ曲げ下部でカール曲げする一体金型
 
A側面パネルのコの字曲げ加工
 (コーナーR45)
 専用ブレーキ金型の作製も可能。
  BCO2溶接
 繋げて枠にして内部の金具を溶接。

特長 [2] ロボット溶接
ディスプレイモニタ用のスタンド台を、ロボット溶接にて自動で行っております。パイプ加工、スポット溶接、リベットカシメ、ビス締めAs等、様々な加工の結集です。お客様と開発当初から打合せをさせて頂き、より良い工法を提案させて頂きます。
電子黒板用スタンド 年間1,500台
角パイプと板金部品の複合構造体。シルバーメタリック塗装
 
@t1.6 90*30*1800 角パイプを欠取・穴明加工。
レーザー用テーブル治具は自作しております
  A外側はリベットカシメを採用し、溶接しておりません。
外観面にこだわった仕様になっております。
 
B員数の多い小部品は、コンパウンド型でプレス抜きし、加工しております。
 
C凹みの少ない曲げ加工でパイプ内側が主要外観になっております。
自作の専用溶接治具にてロボット溶接し、人の字形になったパイプが支柱となります
  D専用の運搬ラックを自作し、取り回しによるスリキズ、当てキズを軽減。
品質向上/生産効率UPに努めております。

特長 [3] 外注加工
様々なプレス加工品の生産も行っております。
複雑な形状の絞り部品、精度が要求される機構部品
締結トルクが必要なカシメ部品や回転可動が必要なカシメ部品
品質要求の高い外観塗装部品や導通マスキング処理が必要な塗装部品 等々

絞りプレス加工
 
曲線均等絞り加工   特異形状の絞り加工   200t油圧円柱絞り加工
SPCC-t2.3
外径サイズ500o級の絞り
鏡面クロムメッキ処理
  SPHC-t4.5
絞り深さ 150o
カチオン黒色電着塗装
  NSSCステンレス t1.2
絞り深さ160o
側面バーリング加工

特殊プレス加工
 
バーリングヘミング加工   プレス角穴加工   フランジのコノ字曲げ加工
SECC-t0.6
引出し取手のヘッジ保護
  SECC-t1.0
内側にファン取付の放熱穴
  SGCC-t1.2
薄板での強度確保

カシメ加工
 
リベットカシメ加工   ハイスピンカシメ加工   バーリングカシメ加工
SECC-t0.8
窮屈なスペースへの加工
  SUS304-t2.0
可動部品ヘッダーピン、ワッシャの複合カシメ
  SUS430-t0.4
バーリングカシメ加工

外観塗装・外観アルマイト加工
 
レザーサテン塗装   焼付塗装   アルマイト処理
SECC-t1.0
内面専用マスキング治具
  SPCC-t2.0
スタッド溶接加工
  A5052-t2.0
スペーサー・スタッド圧入加工

パイプ溶接加工
 
切削部品、軸の溶接   ロボット溶接   丸パイプ接合溶接
STKR-t2.3×60×60
角パイプの欠取り加工
焼付2色塗装
  STKR-t1.6×60×60
角パイプの穴明・ショットブラスト加工
粉体塗装(軸部マスキング)
  STKM11A-t1.2×φ25.4
丸パイプの曲げ、プレス加工
焼付塗装

特長 [4] 組立アッセンブリ/外観部品の取り扱い
下記のような、最終完成品の組立生産も行っており、お客様要望の外観品質要求に基づいた管理/検査/出荷を行っております。

枕アーム As
 
ダイカスト、フラットバー溶接、樹脂部品 等の部材を自社調達し組立アッセンまで行っております。   組立用の治具は、自社で設計・作製しております。 

電子黒板スタンドの最終キット梱包

外観検査、タップ検査、溶接検査、ラベル貼付、プラグ差込み+梱包作業を行っております。
梱包仕様は、エサフォームを使わず全て段ボールでの設計で、安価な提案をし採用して頂いてます。
顧客専用バーコードラベルを貼り付け、そのまま商品化となります。
お客様の倉庫から、スタンド据付けとなる全国各地へ配送されてます。


所在地
本社 〒538-0043 大阪市鶴見区今津南2丁目2−16


会社前を写真で見る
交差点を写真で見る
 
 交差点を写真で見る
●電車でお越しの場合

・JR学研都市線 放出駅から徒歩12分
(c) Copyright 2005 YAGI KINZOKU CO.,LTD. All rights reserved. BACK TO TOP